フィリピンパブ マニラ

2013年09月28日

死語になりつつある「ジャパゆきさん」という言葉。

ジャパゆきさんとは、1970年代後半から急激に増えた、日本に出稼ぎに来る東南アジア人女性のことを指して呼んだ語である。この言葉は1983年に流行語になった。

戦前には、九州島嶼部などの経済力に乏しい地方の女性が、経済的に繁栄する東南アジアの港湾都市などに多数出稼ぎ渡航し、娼館で娼婦として働くなどして郷里に送金するという状況があり、「からゆきさん」と呼ばれた。こうした状況は戦後になって人々の記憶から遠のいていたが、山崎朋子のノンフィクション文学『サンダカン八番娼館- 底辺女性史序章』や、その映画化作品である1974年公開の映画『サンダカン八番娼館 望郷』(東宝、原作山崎朋子)の中で、まずしい田舎の女性がボルネオの娼館で働く「からゆきさん」が描写され再びよく知られるようになった。この日本から外国へという「からゆきさん」との対比で、外国から日本への出稼ぎ女性を、山谷哲夫が名づけたもので、「ジャパゆきさん」という言葉が生まれた。

日本で働く外国人女性の数が非常に増え、すでにめずらしい存在でなくなったこともあって、「ジャパゆきさん」という言葉も死語になりつつある。雇用する側、される側において人権問題への認識が高まり、法体制の変化もあって前述の様な被害に遭うケースは減少してきている。しかし、不法滞在や差別、法的不備など、解決すべき問題も残されている。

参考まで、現状はアルバイトのフィリピーナたちに振り回されてお店は大変(^_^;)

次回はもう忘れ去られた『ルビー・モレノ』ご存知ですか?


いいねご協力お願いします。

https://www.facebook.com/manila.osaka




posted by フィリピンパブの専務ブログ at 17:43| Comment(1) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

仙台入管 決定的な他店との違い。

現状のフィリピン人芸能人の入国状況ですが

大阪入管、名古屋入管、東京入管、高松入管管轄、以外では入国してるようですね

特に震災後から仙台入管はめちゃくちゃ甘い!

復興サービスビザ??

昔のプロモーター仲間からの情報では実態調査も全く無いし

認定書の発給も安定いてタレントの入れ替えもスムーズだとのことです

クラブオーナーとの暗黙の了解でショータイムは一切なし!

なんじゃこれ!

大阪入管では風俗店 俗に言うナイトクラブには一切交付しませんとのことですが

一体どうなってるんですかね

広島入管、福岡入館管轄では法改正後も結構発給されてました

いっそ、仙台入管管轄で商売しようかな(笑)


では、次回に。

PR

マニラは本日より4日間

13周年記念パーティーを開催いたします。

ミナミで一番のレベルとエレガントなお店

でも料金は一時間6000円のみの安心設定

もちろん団体割引有り

他店のようにドリンク攻撃はいたしません

ゆったりとしたお店で、綺麗なフィリピーナとお寛ぎいただける空間を演出してまいります

『いいね』ご協力お願いします。
https://www.facebook.com/manila.osaka?ref=hl

クラブ・マニラ
  ↓
http://www.manila-osaka.com/top.html



posted by フィリピンパブの専務ブログ at 15:31| Comment(0) | 入国管理局情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。