フィリピンパブ マニラ

2013年08月31日

私は中国きらい。

フィリピン外務省報道官は29日、アキノ大統領の9月3日の中国訪問を一転して取りやめると発表した。報道官によると、アキノ氏が28日、訪中を明らかにした後に中国側から「大統領の訪問は、(両国にとって)利益になる時期が適切」との要請があり、フィリピン側が中国の意向を踏まえて異例の中止を決めた。

 アキノ氏にとって、南シナ海の領有権争いで対立が続く中国の首脳級との会談を実現し、緊張緩和を模索することが訪中の目的だった。だが中国から事実上、訪問を断られたことで、逆に両国の溝の深さが鮮明になった。


posted by フィリピンパブの専務ブログ at 10:27| Comment(1) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国は共産主義と資本主義とに二股をかけている。内部分裂は必然だろう。
Posted by 船木克視 at 2013年09月25日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。